すずめ救出作戦。

我が家のキュウリ。


画像



これを作る前に
事件が起きました。


パパが作ったビニールハウス。
今年は
ネギ、サニーレタス、ラズベリー、シソ、カリフラワー、トマトなどなど豊作。

キュウリ漬けを作ろうと思い
ビニールハウスへ収穫に。

1本みつけた。
あとはないかな?と葉っぱをかきわけながら
探していたら
なんかパサパサと音がする。
そのうち
ピチピチと鳴き声が。

顔をあげると
何と!
すずめがネットとビニールの間に挟まり
もがいている!

「あー!ギャーッ!」と叫び
家の中にいる大キューピーを呼ぶ。

「大変!大変!」騒ぐ私に
「何したの?」となかなか来ない大キューピー。

「…すずめが大変!」
「え?すずめ?」
ようやく来て
もがいているすずめを一緒に見る。

とにかく
ネットから救出しなくては!

軍手をはいて
「大丈夫だから。おいで。おいで」と、声をかけ助けようとするけれど
怖がって違う方に入り込んでしまうすずめちゃん。

「ネット切ろうか?」
「でも、パパ怒らないかな?」
「すずめ助けるためには仕方ないよ」と
大キューピーと、相談して
まずはすずめが、出られる位の大きさにネットを切ってみた。
でも、すずめはどんどん違う方に行ってしまう。

米を数粒おいて
誘き出そうとしたけれど失敗。


最後の手段。
外側からハサミで
ビニールハウスに穴を開けることに。
すずめがいるところをカットする大キューピー。
失敗。
仲間のすずめの心配する鳴き声も聴こえる。
頑張らなくては!

もう一度、違う場所をカット。
パサパサパサ~。
飛んで行ったすずめ。
救出大成功。

よかった~。
大キューピーと
安堵&脱力する。

「パパ、怒るかな?」
「カラスじゃなくてよかったね」
「すずめに普通に話しかけたけど、わかるわけないよね?」
「逃げるのに必死な時に米なんて食べないよね?」と
自分達の作戦がおかしくなって笑う。

「恩返しにくるかな?」


もし来たら
小さいつづらを選ぼう。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック